netuの日記

現役塾講師の日常を綴るブログです。

寝坊した

寝坊した。会社に遅刻だ。30分くらい。

 

寝坊なんて以前はよくあったことだが、最近は防いできたつもりだ。

 

あー、自己嫌悪。昨日、ゲームに夢中になって寝るのが遅くなり、会社についたのがギリギリになってしまったので、今日は何もせず寝ようとしたのだが、寝れずに夜食を食べてから寝た。8時ごろに一旦起きたが寝足りないので二度寝。そしたら寝坊。最近ゲームに夢中になって生活リズムを崩していたのが原因。それに気づいて昨日は直したのに、寝坊してしまった。悔しい。

会社のマネージャーから実家に電話がかかってくる

記事を書くのがご無沙汰になってしまった。

このようにして自分を何でもいいから発信していかないと、ネットの中では存在すらないことと同じである。

自分のような会社員の向かない人間には、このような情報発信から、ビジネスチャンスをつかむのが良いのだろうとは思う。

まあ、そこまで良い情報を提供できているとは思っていないけれども。

ともかく、何か書くことによって、知り合いに近況報告をするとか、そういう気持ちでこのブログは続けられたら、と思っている。

 

さて、タイトルのことだが、

俺は本当に、異常なまでに、遅刻が多い。それも、10分やそこらの遅刻ではない。

朝起きたら、もう始業時間を2時間過ぎていた、とかそんな感じである。携帯には会社からの着信が何件かきている。そんな寝坊をするのだから、おきたら、「やばい」とかの感情はもはやおきず、「もういいや、どうにでもなれ」という感情になり、だらだらと準備をして、だらだらと出発する。「遅刻します」の電話を入れるのも億劫だ。怒られるのがいやだし、いつも同じような注意をされるので、「あっそ、わかってますよそんなこと」、というふうにいつも思うので、謝るのも面倒。

 

なにかの本で読んだが、どんなに気持ちが向いていなくても、遅刻していやな気分でも、体だけはそこに持っていく、そうすればなんとかなる。そう書いてあった。だから、もくそもないが、会社には行く義務があるので、欠勤してるわけにはいかないから、行くのだけれども。

この時点で、普通の会社ならクビであろう。俺の父親もそういっている。でも今のマネージャーがとても俺に対して好意的で、そんな俺でも、勤務させてもらっている、そんな感じだ。

今勤めている会社では、過去2回無断欠勤をした。そのときはそのまま飛ぶ勢いで後先考えずにやった。携帯の電源を切り、会社の番号は着信拒否にする。そういうふうな逃げ癖があった。そのたびに、マネージャーから実家に電話があり、親を介して俺を復帰させてきた。「親のことは無視できないだろう」そういう考えなのだろう。実際、俺も親との関係が絶たれれば、孤立無縁状態、である、彼女もいない、よく会う友達もいない。だから、親から連絡があれば俺も反応せざるをえない。

 

昨日、またマネージャーから家に電話があったらしい。遅刻欠勤が多くこのままだと守りきれないのだという。正社員ではなく非常勤で勤務してもらうかもしれないと。仕方ない、会社には俺に対して否定的な人間もいる。それは俺が遅刻欠勤、とくに遅刻を派手に繰り返すからに他ならない。

 

ちなみに、マネージャーは俺の親と同じくらいの年齢で女性だ。この年齢層の女性に対して、俺は守ってあげなきゃいけない的なオーラがでているようだ。そう、俺はあまり、同年代間のコミュニティに入っていけないのだけれども、おばちゃんたちからはかわいがられるタイプだ。今まで、そのことはあまりよく思っていなかったんだけれども、こうやって会社に勤めこのような女性たちから守ってもらうことはとても感謝できるようになった。そうでなければ、自分を守ってくれる存在など、親以外にはいないのだから。

 

それは、まだ社会にでて独り立ちできていないということをあらわしているのかもしれないが・・・

仕事をサボりました

昨日書いた記事で何かを悟ってしまったのか、

というか、悟ってしまったんです。

 

 

この仕事やってる自分がバカみたいだと。

 

 

好きな仕事じゃないんですよ。

楽しくない。

 

 

みんな、

 

好きなことばかり仕事になんかできない、

 

っていうじゃないですか。

 

 

でもそんなの知らねーよ。

サボっちゃったもんはサボっちゃったんだから。

無断欠勤ですよ。

 

こんなん一発でクビですよね。

会社からは鬼電掛かってくるし。

 

鬼作業ゲー、何の意味があってやってるのかわからない授業、騒がしくてウザい子供。

 

大嫌いです。

 

トライでアルバイトしてた頃が懐かしい。

あの時は生徒のために全力を尽くしていました。

 

 

 

労働時間長いよ〜

どうも。お疲れ様です。

 

就職しました。netuです。

 

フリー素材モデルの河村友歌ちゃんのブログ更新に励まされて俺もブログ書くかと久々に筆をとった次第です。

 

3月から研修は始まっていたのですが、

労働時間の長さに戸惑っております。平日はほとんどなにもできないのです。

 

土日になってやっと、日常を思い出す、みたいな。一息がつかないんですよ。8時間労働って長すぎだろって思います。キツい。疲れる。もっと休みたいです。

 

1月くらいまでは、塾のアルバイトをしてて、中学生に教えてて、それこそいつまでも塾に残って塾生の勉強を見たいと思っておりました。

それも、17時からが労働時間だったから、余裕があったとも言えるんですけど。せいぜい4.5時間で終わる仕事ですからね。

45時間くらいの労働で生活できれば最高なんだけどなー。

あとは、自分が生み出してない仕事だということもありますけどね。他人の作ったマニュアル通りに動いたらそれでいい。みたいな、仕事はそれなりに回るかもしれないけど、人の言いなりで仕事するなんてつまらないですよね。 

 

上司には子どもの輪にもっと入っていけば〜、とか言われたけど、はっきりいって雑談とか別に好きじゃないし、したくない。

勉強の相談だったらいくらでも乗るけど。だって俺は勉強を教える人なんだから。

 

それだったらちょっと休憩して飲み物でも飲んだり、生徒のといたプリントの丸付けとかしていたい。丸付けしたら生徒の特徴とか、どこが苦手なのかとか、わかるんだけどね。

 

パズル道場だから、プリントが決まってるからといって、全てマニュアル通りにする必要はない。効果が出ればそれでいいよね。

 

そうそう、僕がやってる授業は、パズル道場といって、要するに算数です。小学校低学年の。でも、低学年のものって、考えるというより、知識的なもの、感覚的なものの方が多いじゃないですか。だから教えづらい。教えられない。ただ、こうなんだよ。というしかない。

 

考えるものだって、本当に、パズルみたいな、ほとんど知識を必要としないようなことをうーんうーんと考えるのが、パズル道場の図形思考力のプリントなんですよね。

 

サイコロを転がしたらどの面が出るかとか、なるほど、頭のなかにサイコロが思い浮かべれば簡単になるね。

脳内将棋盤的な感じなのかもしれない。

知識を組み合わせるのが算数の本当の楽しみだと思うんだけどね。

 

というわけで、家に帰るとすでにチラリチラリと転職の文字が浮かび上がるnetuでした。

 

近いうちにまた書きます。

 

 

国文法入試問題解説にかこつけた語り

中学で習う国文法というのは、

 

試験に出るから仕方なく勉強する、

 

という人が多いかもしれないが、

 

しっかりと勉強しようとすると結構面白いものだ。

 

たいていの人は英語も一緒に勉強するだろうから、

 

英文法と比較し、日本語と英語の違いを研究するというのも面白い。

 

俺も英文法をしっかり勉強してから、日本語に改めて向き合ってみると、

なるほどと思うことが多い。

はっきり言って国語や現代文ができない人、文章が下手な人は主語と述語さえ怪しい、

わかっていないということが多い。

 

まずはこの問題を見てほしい。

f:id:tamuten310:20170102165228p:plain

(平成28年度埼玉県・国語)

 

 

さて、この問題は下線部の中で連用修飾語とは何か?と問う問題だ。

「連用修飾語」と聞いて、正直大人でもわからない人は多いのではないかと思う。

 

分けて説明していこう。

まず修飾語。

修飾語とは、

ほかの文節を詳しく説明する文節のことだ。

文節っていうのは、「ネ」で区切ることのできるアレだ。

 

英語は単語や句、節で修飾、被修飾を考えるが、

日本語は文節で考えるのだ。この辺の違いも面白い。

 

だから日本語の文法の授業ではひたすら文節の区切り方を叩き込まれるってわけだ。

単語の区切り方まではわからないが、文節の区切り方ならわかる。

という人間も多いだろう。俺もその一人だった。

 

英語は単語はしっかりと区切られているのにね。その代わり句や節をしっかりと識別できるようにしないといけないわけだが。この辺の違いも面白いね。

 

「連用」とは何か。

連用形などというものもあるように。用言に連なるということだ。

用言というのは活用のある自立語のことである。

つまり、動詞、形容詞、形容動詞の3種類だ。

 

この辺、活用のある、とか自立語とか、形容動詞とか、

一つ一つ理解していないとよくわからなくなってくるので、

この問題はかなり高レベル、難易度の高い問題ということになる。

 

基礎基本の勉強は本当に大事だね。毎日勉強が欠かせない。

 

結局、連用修飾語とは「用言を含む文節を詳しく説明する文節」というわけだ。

ちなみに連体修飾語というのもあり、最初が「体言を」と変わる以外は同じだ。

 

このことに留意して傍線部を一つ一つみていこう。

解答にも書いてあるのでさらっといこう。

 

ア「大きな」

二つの大きな箱を手に取った。文意から「箱」を修飾しているのは明らかである。

「箱」は体言(名詞)だから連体修飾語である。

 

イ「どちらの」

どちらの箱にも見つからなかったが、

これも箱を修飾している。連体修飾語。

 

ウ「はたして」

これは少し難しいが、英語の副詞に該当する言葉だ。

副詞は名詞以外を修飾する言葉だ。

よって、連用修飾語。

はたしては「果たして」だから、動詞と助詞。はたして~だろうか。などと使うことが多いから、名詞を修飾するわけではないことがわかるだろう。

 

エ「生えた」

毛の生えた赤茶色の触覚

触覚を説明している言葉。連体修飾語。

 

オ「羊毛のような」

羊毛のような毛

毛を修飾する連体修飾語。

 

カ「残らず」

残らず間近から眺めた。

残らず眺めた、のだから動詞を修飾している。

連用修飾語。

 

答えはウ、オ

 

松井珠理奈(SKE48)論

他のアイドルには特に興味がないのだが、

AKB48をはじめとする、秋元康プロデュースのアイドルグループは割と好きだ。

 

特にAKB48は高校時代から周りでよく話題に上がっており、

大学に入ってからYouTubeで腐るほど見るようになった。

 

好きなメンバーつまり通称押しメンが誰かと言えば、

前田敦子大島優子板野友美篠田麻里子高橋みなみ松井玲奈(以上全員卒業済み)、松井珠理奈(現在はSKEのみ)辺りだろうか。

握手会などは行ったことはないし、ずっと同じ誰かを応援し続けているわけでもない。

 

ほとんどが神7と言われるメンバーだが、

この中では松井珠理奈だけが異彩を放っているだろうか。

f:id:tamuten310:20170101233032j:plain

彼女はSKE48のメンバーとしてデビューし、

弱冠11歳、小学6年生でAKBの10番目のシングル「大声ダイヤモンド」のセンターに抜擢された逸材である。

その後も、SKEで松井玲奈とともにセンターとして双璧を張り続け、

AKBでも中心メンバーとして活躍しつづけた。

 

現在は19歳の女性となり、

AKB選抜総選挙でも直近では指原莉乃に続き2位につけている。

最近では女優業にも力を入れドラマ出演の機会も増えて、

去年のドラマ、「死幣」ではヒロインとして出演するまでになった。

 

 

彼女をYouTubeでよくウォッチしている。

強いてずっと応援しているメンバーといえば、彼女に当たるのだろうか。

 

13-16歳辺りの彼女は天真爛漫の言葉がとても似合う少女で、とにかく明るく、元気で、物怖じしない。

かといって先輩に対して無礼な態度をとることはなく、礼儀を大事にするところもありしっかりしている。

また、ダンスに対してもいつも全力投球、年上ばかりの周囲に良い刺激を与える存在。

おやじギャグや人を笑わせることが好きなムードメーカーであった。

 

松井珠理奈をまとめた動画ではこれをよく見るし、また見られているだろう。


松井珠理奈 13歳の素顔に密着 (前編) SKE48 Matsui Jurina


松井珠理奈 13歳の素顔に密着 (後編) SKE48 Matsui Jurina

 

最近の彼女は大人の色気や落ち着きもみられるようになった。

だが同時に

「若さ」という、

彼女にとって注目されたきっかけ、強みを失いつつあるのは言うまでもない。

もちろん強みがそれだけであったわけがないが、

必要条件であったことは言うまでもないだろう。

彼女には新たなる強みが求められているのである。

 

最近はAKB主要メンバーの卒業や

乃木坂46など、他のグループの台頭などもあって

AKB自体の人気が衰えつつあるが、

彼女や、バラエティーでの地位を確立した指原莉乃はウォッチし続けている。

 

さてこれからの彼女だが、

本人も近年、目標として公言し続けている、選抜総選挙1位はやはり、

指原莉乃という大きな壁が立ちはだかっている。

おそらく、女優業での躍進が当面の課題となるだろう。

彼女自身は熱心な演技を見せてくれるが、

ドラマ自体のヒットが問題ではないか。

ドラマ「死幣」は途中まで見たが脚本が今ひとつ、

また周りの若手俳優、女優の演技に物足りないところがあったのは

残念なところであった。

 

今後の彼女のさらなる活躍を祈るばかりである。

私の進路選択と今熱中していることについて

私は文系を選んだ。

少し理科、特に物理が苦手だったからという理由に過ぎない。

また、その当時はまっていたのはテレビゲームだったが、

ゲームを作る側になりたいとは思わなかった、という理由もある。

いわば、消極的文系である。

ただし、数学は好きだった。

 

大学受験では一橋大学を第一志望とし、受験勉強に励んだが、

一橋大学には落ち、併願した慶応大学に進学する。

 

受験した学部は商学部である。

特に経営学や経済学に興味があったわけではなく、

ただ単に定員がほかの学部より少し多かったから選んだだけだ。

また、得意だと思っていた数学が受験で生かせると思ったことも理由のひとつである。

 

大学進学後はサークルとアルバイトに注力した。

人と話すのが極端に苦手だったのがコンプレックスで、

それを大学生活を通して直そうと思っていた。

だから、サークルやアルバイトでも人間関係や会話に人一倍気を使った。

自分なりに努力し、それなりの成果は出たと思っている。

 

今熱中しているのは、家庭教師と塾講師のアルバイトである。

毎日塾か生徒の家に足を運び、指導経験を重ねている。

 

もともとは時給の高さに惹かれてはじめた家庭教師のアルバイトが、

かなり自分の裁量で教えることができ、

自分の中学高校時代の経験を活かしながら、

頭を使える仕事で楽しく、この生徒にあった指導は何か、

この生徒を動かすためにどのような動機付けをしたらよいのか、

などを研究していくうちにはまったというところである。

 

毎日書店に足を運び、教材研究をしたり、

be動詞の疑問文、否定文の作り方などの、

生徒にとってわかりやすい説明とは何か、

家庭教師の立場で、

ある程度強制力を用いて勉強させるにはどうしたらよいか、

とかいろいろと効率的に生徒の学力を伸ばすための指導法を研究中である。

ビリギャルの坪田先生、今でしょの林修先生をはじめ、

影響を受けた教育者はたくさん存在する。