読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

netuの日記

大学生の現役塾講師の日常を綴るブログです。

現役塾講師が教える!「自分に合った」参考書の選び方

勉強 中学・高校 受験

参考書の選び方について話そう。

簡単である。
アマゾンのレビューなども参考にすべきであるが、
一番大事なのは、

自分が読めるか、

ということである。

続けられるかということだ。

だから、絶対本屋に寄って自分の目で確かめてほしいし、そこでの印象、「これなら最後まで読めそう」、というのを選ぶのである。

たとえば、国語の参考書を選ぶなら、パッと読んで、説明が理解できるものを選ぶ。

 僕が今選ぶならこれだ。一番スッと読めそうだったから。

出口汪 現代文講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)

出口汪 現代文講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)

 

 

英語の問題集は、パッと読んで意味がわかるものを選ぶ。とても重要だ。

単語帳は英文を読むのが苦手なら、「ターゲット」のような、単語しか書いてない単語帳を選ぶ。文を読むのがある程度得意で、文を読みながら単語を同時に覚えたいというなら、速読英単語や長文問題集を選べばいい。

 

 

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

  • 作者: 宮川幸久,ターゲット編集部
  • 出版社/メーカー: 旺文社
  • 発売日: 2011/11/23
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 19回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

速読英単語1必修編[改訂第6版]

速読英単語1必修編[改訂第6版]

 

 



勉強は続けることが大事なのだから、身分不相応に難しいものを選んでもいつかパンクする。

簡単なものでも、毎日やって、勉強の習慣をつけることが大事だ。

名著と呼ばれているものや、ベストセラーはそれだけ多くの人が「自分にも読める!」と思えたものなのだから、選択肢に入れる価値はある。

だが、絶対に自分の目で確かめてほしい。

自分に合ったものを見つけることが、一番大事なのだ。

広告を非表示にする