読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

netuの日記

大学生の現役塾講師の日常を綴るブログです。

成績が極端に悪いor友達が少ない子供には家庭教師をお薦めする

f:id:tamuten310:20160610052915j:plain

家庭教師を呼ぶと、近所の評判が~などと考えてしまう親がいるようだが、

いやいや待てよ。自分の子供の成績と、たかが近所づきあいの評判のどっちを取るというんだ?

「家庭教師を呼ばなければならないくらい、ウチの子は成績が悪い」、と近所の人間に思われるのが嫌なのだろうか。

 

だが、そんな現在の世間体を気にして、子供の将来を棒に振ってしまったら、と考えたらどうだろうか?

そんなこと言ってられないんじゃないのか?

親としては自分でなんとかできないから、勉強面の指導をアウトソースするという選択肢を選ぶんだと思う。

特に中学生ともなると、反抗期でちゃんと親の言うことを聞いて勉強するような子供は少ないだろうからね。

 

それで、家庭教師を頼むのにぴったりな子供は、学校の友達が少ない子、あるいは、成績が悪すぎて自信をなくしている子、である。

 

このタイプの子供は塾などに通わせても周りと自分を比較してしまい、うまく振る舞えず環境に適応できない場合が多々あると考えられる。

こういう、自分に自信がなくて弱いタイプの子供には、必ず攻撃するような子供が存在するのである。結論、塾に通わせても成績が上がらないどころか、さらに自信をなくして帰ってくる可能性が多々ある。

 

学校の友達が少ない子

 

学校の友達が少ない子に関しては、「しゃべるのが苦手な性格」というのがあげられるだろう。

周囲とうまく距離感をとることができないので、集団生活があまり向いていないタイプだ。

誰にもあまり干渉されない場所が好きな場合が多い。図書館などが好きでよく本を読みにいく、という子供が典型的であろう。

 

何を隠そう、筆者も子供の時これにカテゴライズされるような性格だった。

クラスに友達はほぼおらず、昼休みは図書館に行って本を読むのが楽しみ、小学校のころから将棋が好きで、授業後の部活動のために学校にきている。

家に帰ってから、一人でひたすらゲームをするのがすき、等、あまり人と積極的に関わることは苦手であった。

 

さて、こういう子供の性格を理解し、懇切丁寧にコミュニケーションをとりながら指導してくれるのは、家庭教師が一番だ。

集団指導は言わずもがな、個別指導塾は悪くはないが、その性格上、いつも同じ先生がみてくれるとは限らない。相性の悪い先生に当たってしまう可能性だってある。

それに比べて、家庭教師センターは事前に体験授業を実施し、子供の性格に合った教師を派遣してくれる。一番、リスクが少ないと考えられる。

 

成績が悪すぎる子

 

成績が悪すぎて自信をなくしている子も家庭教師を頼むのが一番いい。そもそも家庭教師とは成績が最下層の子供を対象としていることが大半だからだ。

もちろん、最近は中学受験専門の家庭教師とか、いろいろと種類が増えてきたが、従来からあるのは「成績が悪い子専門の家庭教師」である。

家で勉強することになるので、周りの目を気にすることなく、本人がわからないところまで戻って学習することが可能である。

 

どちらにせよ家庭教師センターは相性のよい先生を選んで派遣してくれるので、リスクが少ない。万一、問題があっても、家庭教師センターに連絡すれば先生を変えてもらえる。安心して頼んでほしい。

 

以下におすすめの家庭教師センターを載せておいた。参考にしてほしい。家庭教師センターによって対応できるエリアが異なるので、ご自身の住所で可能なところを選んでほしい。

 

1.家庭教師のガンバ(首都圏)

 

 2.家庭教師のノーバス(首都圏)

 

3.家庭教師のデスクスタイル(西日本全域)

 

広告を非表示にする