読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

netuの日記

大学生の現役塾講師の日常を綴るブログです。

私の進路選択と今熱中していることについて

自己紹介

私は文系を選んだ。

少し理科、特に物理が苦手だったからという理由に過ぎない。

また、その当時はまっていたのはテレビゲームだったが、

ゲームを作る側になりたいとは思わなかった、という理由もある。

いわば、消極的文系である。

ただし、数学は好きだった。

 

大学受験では一橋大学を第一志望とし、受験勉強に励んだが、

一橋大学には落ち、併願した慶応大学に進学する。

 

受験した学部は商学部である。

特に経営学や経済学に興味があったわけではなく、

ただ単に定員がほかの学部より少し多かったから選んだだけだ。

また、得意だと思っていた数学が受験で生かせると思ったことも理由のひとつである。

 

大学進学後はサークルとアルバイトに注力した。

人と話すのが極端に苦手だったのがコンプレックスで、

それを大学生活を通して直そうと思っていた。

だから、サークルやアルバイトでも人間関係や会話に人一倍気を使った。

自分なりに努力し、それなりの成果は出たと思っている。

 

今熱中しているのは、家庭教師と塾講師のアルバイトである。

毎日塾か生徒の家に足を運び、指導経験を重ねている。

 

もともとは時給の高さに惹かれてはじめた家庭教師のアルバイトが、

かなり自分の裁量で教えることができ、

自分の中学高校時代の経験を活かしながら、

頭を使える仕事で楽しく、この生徒にあった指導は何か、

この生徒を動かすためにどのような動機付けをしたらよいのか、

などを研究していくうちにはまったというところである。

 

毎日書店に足を運び、教材研究をしたり、

be動詞の疑問文、否定文の作り方などの、

生徒にとってわかりやすい説明とは何か、

家庭教師の立場で、

ある程度強制力を用いて勉強させるにはどうしたらよいか、

とかいろいろと効率的に生徒の学力を伸ばすための指導法を研究中である。

ビリギャルの坪田先生、今でしょの林修先生をはじめ、

影響を受けた教育者はたくさん存在する。

広告を非表示にする