読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

netuの日記

大学生の現役塾講師の日常を綴るブログです。

僕が一橋大学受験に失敗した理由とそこから考えた教科別対策・国語

受験

f:id:tamuten310:20160921224807j:plain

 

高校生の頃、

僕には根拠のない自信があった。

学年でトップ層にいないのに、

選抜クラスに入っていないのに、

東京大学に行きたいと思っていた。

 

しかし、それは高2の担任との面談で打ち砕かれた。

一橋大学を目指すこととなった。 

 

しかし、結果的には一橋大学には落ちることになる。

 

そこで、教科ごとの反省と対策を論じていきたい。

 

国語

古文

 

全般的に国語が苦手だったため、

国語の先生に古典文法のプリントをもらって解いていた。

古文単語は「フォーミュラ600」を使っていた。

 

 

古文単語FORMULA600【改訂版】 (東進ブックス 大学受験FORMULAシリーズ)

古文単語FORMULA600【改訂版】 (東進ブックス 大学受験FORMULAシリーズ)

 

 

しかし、一橋大学やセンターにはそこまで多くの古文単語が必要だったか?

と言われると、そうでもなかった。

 

センターは言うまでもなく基礎問題が出るし、

一橋大学は近代文語文または、現古融合文なのである。

 

慶應にいたっては国語がない。

 

がっつり古文という科目をやる必要はなかった。

「マドンナ古文単語230」あたりで良かったかなと思っている。

これは一語ごとに語源が説明されており、

一つひとつの単語を意味付けて覚えたいという人には適していると思う。

僕は英単語を語源から覚えることもあるし、

そのほうが記憶に定着しやすかったりするので、

そうしている。

 

 

また、最低限の文法を覚えること、

動詞の活用

助動詞の活用

敬語の区別

 

主語が省略されているので、

主語を補いながら読むことが大事だ。

 

現代文

 

この科目は、読み方である。

「読みつなぐ」という考え方が大事だ。

 

作者の意図をつかもうとか、

文章の主張したいこと、

要点は何かとか、

今読んでいるところは、要するにどういうことをいいたいのか。

 

そういうことを考えながら、読むことをせず、

ひたすら文字面を追うことしかできなかった僕は、

高校に入って現代文の点数がガクンと落ちた。

 

そのため、入試になっても足を引っ張る科目、

最大の懸案事項は現代文だった。

国語の配点が125点で、

低かったから商学部を受験したといっても過言ではない。

(1番低いのは経済学部。110点。)

 

一橋大学の問題は大問が3つあり、

1が現代文の記述問題、

2が近代文語文、現古融合文、

3が現代文の200字要約、

なのである。

つまり、現代文が多くの比率を占める。

 

さらに、圧倒的に書かせる問題が多い。

記述力、論述力も必要なのだ。

要は、文章で相手にわかりやすく伝える能力が欠かせない。

 

これは、一橋大学の問題全般に言える傾向だ。

国語に関しては過去問演習を夏休み明けぐらいから取り組むべきだった。

夏になってから「得点奪取現代文」を購入したが、

 

得点奪取現代文記述・論述対策 (河合塾シリーズ)

得点奪取現代文記述・論述対策 (河合塾シリーズ)

 

 

記述練習をするより先に、読み方を習得すべきだった。

だが現代文と格闘するのような本はオススメしない。

現代文が苦手な人にはこの参考書に書いてあることが理解できないからだ。

 

だから、キーワード本で語彙力を高めながら、

比較的簡単な文章から読むようにすればよかったと後悔している。

 

比較的読むことができるようになったら、

筋の通った難しい文章を読みこなす訓練をつむと良いと思う。

過去問演習はもちろん。

東大や京大の過去問を使うのも手だ。

 

漢文

 

入試で一番点数の取りやすい科目と言われている漢文。

一橋大学でも漢文の対策は必要だ。

句法、熟語を覚えること、それだけ。

そんなにたくさん覚える必要はない。

学校の授業の復習をきちんとしていればそれだけで基礎が固められる科目だ。

僕はいちおう、「ヤマのヤマ」を持っていたが、

 

漢文ヤマのヤマ パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ)
 

 

過去問演習の時に、

ここに、〜な意味の句形が使われているから、…な意味になる。

みたいな「文構造の把握」をしなかったので、それさえすればもっと伸びた科目だったと思う。

 

文構造の把握、基本的に僕がおろそかにしていた点だったのでこれは強く主張しておきたい。

文章に関わる科目なら文構造の把握は必須事項だ。

広告を非表示にする