読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

netuの日記

大学生の現役塾講師の日常を綴るブログです。

知る人ぞ知る名店!「第一教科書」に行ってきた!

塾の仕事

長らく記事を更新していなかった。

 

今回、久しぶりに書きたいと思ったことがあるので、記事を更新することにした。

 

教育の仕事にハマった俺は、最近は教材研究が大好きだ。

 

最近、生徒指導に多用しているのは

育伸社のシリウス

 

f:id:tamuten310:20161209012956j:plain

 

教育開発出版の新中学問題集とそろって、

俺が務める塾の単元型指導教材の2大巨頭だ。

 

新中問よりシリウスを使うのは、

まあ、デザインが好みというのもあるし、

基本問題⇒練成問題という問題名の流れが好きだ。

 

余談だが、俺が昔通っていた日能研のテキストには、練成問題の後に、研究問題というのがあって、これが解ける奴はすごい、みたいな評判だった。

 

それを思い出せるネーミングが自分好みだということだ。

 

あれ、全然研究できてないじゃないか、と思っただろう。

まだまだ俺には新中問とシリウスの違いとその活用方法がわからないのだ。

 

たとえば、中一英語では、シリウスは一般動詞を学ぶ単元で副詞を同時に学ぶ様式になっている。形容詞はその前の単元で学習済みだ。

それに対して新中問は、一般動詞(一人称・二人称)を学んだあと形容詞・副詞という名前の単元が出現する。

 

この違いが、どの程度中学生の理解に影響を及ぼすのか、

まだ俺には分かっていない。

 

「第一教科書」に行ってきた

 

さて、本題だが、いろいろな塾長先生のブログを見て、自分もいろんな塾教材をこの目で見てみたいと思うようになり、

ちょうど、家庭教師で見ている生徒に新たなテキストを買ってもらう必要が出てきたのもあって、

勤務している塾の教室長に、「教材を自分用に購入したい」と申し出たところ、

どうやら講師が買うことはできないシステムになっているらしく、

その代わりに、題名にある書店を紹介されたというわけだ。

 

この書店、業界人でも知る人ぞ知る店のようで、

その教室長も存在することは知っていたが、実際にどこにあるかは正確にわかっていなかったようで、

もっと偉い教室長に聞いて、

後日教えてもらったという形だ。

 

で、今日(昨日)やっと行くことができたというわけだ。

大久保駅から歩いてすぐだ。新大久保駅からも行ける。

f:id:tamuten310:20161209015654j:plain

 

教育開発出版の教材は取り扱っていないが、それ以外の出版社のテキスト、
は揃っているものは揃っている。ただし、全てあるわけではない。

僕の記憶を頼りに確かにあると言えるものだけ紹介する。

 

・小学生教材

小学実力錬成エフォート

小学問題集コア

アインストーン

サーパス

ほーぷbook

ほーぷドリル

算数の達人

 

パズル道場のグッズ

立体四目など

 

・中学生教材

ウイニング

ウイニングPLUS

ウイニングフィニッシュ

中学ウィンパス

パーソナル

新ワーク

iワーク

シリウス

シリウス発展編

ジャック

ジャック+α

中学実力錬成テキスト

練成テキスト

練成テキスト+α

その他、入試対策問題集

季節教材など

 

高校教材もあった。

が、よく覚えていない。

 

いろいろな塾教材がずらーっと並べられていて、

見ていて飽きなかった。

f:id:tamuten310:20161209015707j:plain

 

今日は予定があって30分ほどしかいられず、名残惜しい気持ちがあったが、

せっかく来たのだからと、

名前は知っているが、中身を見たことがない、

かつ、指導で使用できるテキストを買うことにした。

まあ、正直眺めているだけで楽しいのだが。

 

f:id:tamuten310:20161209020209j:plain

f:id:tamuten310:20161209020441j:plain

 

ありがとうございました。また来ます。

 

 

広告を非表示にする