netuの日記

大学生の現役塾講師の日常を綴るブログです。

漠然と感じる将来への不安感

こんにちは、netuです。

 

何かに夢中になってる時間。

ひたすら考えを巡らしている時間。

 

それがとても大切であることに気付かされた今日。

 

とにかく、ストリートに出ないと、

何かが不安。

このままずっと童貞なんじゃないか、

みたいな不安かもしれない。

 

なんでもいい、その不安を埋めるために、街に出た。

いつも大宮でストってる。

 

今日は声をかけるやる気も気力もなかった。

夜10時半。人は少ないけどかわいい子はそれなりにいた。

 

ナンパに真剣になる、ひたすら女性に声をかけまくるなんて、

バカのやることかもしれない。

嘲笑ってくる人間はいくらでもいる。

 

それでも、やらなければならない。

失った時間は、取り戻せない。

これまで経験していなかった分、これから経験を積んでいかなければならない。

 

就職までのあと約一ヵ月、何もやることがない、

なんてことになるよりましである。

 

とにかく、何かやっていないと、

漠然とした不安に襲われる。

人間、いつまでも若くない。

今できることを精いっぱいやらないと、

後悔すると思うし、

ブログもこんなものでも継続すれば、

何かが得られるかもしれない。

 

で、僕はやっぱり服が好きだ。

アパレル販売をしてみたい。

働きたい。服のことをもっと知りたい。

お金は稼げなくてもいい。

 

俺は親の言うことを聞かなくてはいけないのか、

親がいなくなったらこの決断は変わるのか。

こんなんじゃ、いつまでたっても親離れできない。

少なくとも、父親に相談しなければ、

俺はこのままアパレル企業に応募していただろう。

ならば、応募するべきじゃないのか。

親のために生きているわけじゃない。

自分のために生きるんだ。服にかかわれる仕事なら何でもいい。

アルバイトでかまわない。

 

親から自立しないと話にならない。

堀江さんの『ゼロ』を読んで、心からそう思った。

 

 

でも、、、

人の、信用も大事だ。

信用を積み重ねろ。

信用こそがお金につながる。

人とのつながりが、人生の充実、生きることの楽しさにつながる。

僕は最近そう思っている。

半径5メートル以内の人を大事にすべきだ。

堀江さんはそうも言っている。

 

俺は約束してしまった。

2016年4月から内定先に入社すると。

少なくとも書面では。

 

内定先の人事、新卒紹介会社のリクルーター、配属部署の先輩

皆にお世話になった。

 

入社を断ると、

この人たちを裏切ることになる。

信用を傷つけることになる。

 

どうすればいい。わからない。

 

 

そういえば、

服にかかわることは、アパレル業界に入らなくともできないことはない。

買い物で服屋にいくらでも訪れることができるし、

ブログで情報を発信したっていい。

YouTubeでもいいんじゃないか。

自分でだってできる。

それをやればいい。

実際今wearにコーディネートをアップしている。

もっと工夫したらよいかな。

なぜこのコーデを組んだのか、理論立てて説明するのでもいいかもしれない。

やってみるか。

 

あー、ちょっと気持ちが楽になった。

考えを整理した、今日のブログ。

こんなのもたまにはいいかな。