netuの日記

大学生の現役塾講師の日常を綴るブログです。

学校の勉強をする価値はあるのか

学校の勉強って意味あるんですかね。

という問いは、誰しも考えたことのあることではないかと思います。

 

僕が思うことは、

意味あるのかないのか、とかではなくて、

得意な人は頑張ればいいし、

苦手な人は無理にやらなくてもいいんじゃない?っていうことです。

 

塾講師や家庭教師をしていると、これでもか!というくらい勉強ができない子に遭遇します。

中学三年生なのに、小3の算数ドリルをやっている子。

塾に来ているのに勉強せずに講師に絡んだり、机で落書きばかりしている子。

いろいろいます。

そういう子に話を聞くと、

  • 勉強したくないけど、親に半強制的に塾に入れられた。
  • 自分が勉強できなくて、ヤバいということは感じていて、でもどうしたらよいかわからない。

というタイプに分かれるかなー。と思っています。

 

勉強したくない子は勉強しなきゃいい。

 

中学校までは義務教育です。

普通は学校に行かなくてはいけませんが、

いくら悪い点数をとっても落第することはありません。

ホントに学校行きたくないのなら登校拒否だってできます。

どう転んでも卒業はできるんですから。

んで、中学卒業したら働けばいいんですよ。自分のやりたいことしつつ。

案外そういう子は仕事にハマっていくかもしれないですし。

中卒でも成功してる実業家なんてザラにいます。

 

問題は、親の説得ですね。

半強制的に塾に入れられているということは、

親に従わざるをえない、親を説得する方法がわからない。

『勉強して高校に行く』、以外の選択肢が取れない。

『中卒なんかじゃロクな人間になれない』と、

親や教師から圧力を掛けられている。

などなど、いろいろな問題が考えられます。

そういう子は、『中卒でも成功している人間はいる』、ということを知って、

で、『自分もそういう人間になる』、と腹をくくって、親を説得することが必要ですね。

退路を断って、覚悟を決めることが大事です。

 

 

少しでも、やらねば、と思ってるなら、今すぐやれ!

 

少しでもやる気がある子、

なんだかんだ、勉強はできないけど学校はそれなりに楽しい。

高校にも行きたい。

そんな子は、基礎基本に戻って、躓いたところからやり直すしかありません。

周りの子たちに差をつけられた分、取り返すのには時間がかかります。

でも、本気になれば小学校中学校の範囲なんて、そこまで時間はかからないと思っています。

ビリギャルのさやかちゃんを見れば、なんとなくわかりますよね?

 

そういう子には、適した課題を与えて、褒めるべきところはきちんと褒めて、

やる気を引き出して行くことが我々教育者の義務です。

それがなかなか難しい。僕も課題に感じています。

僕のやり方は、

  • 本人だけでも無理せず続けられる課題を毎日一定量やるように指示する。
  • ちゃんとやってきたらそれを褒めてやる。
  • 常に生徒とコミュニケーションを取り続ける。

こんな感じです。まだ手探り状態です。

でもやりがいあって楽しいので頑張ります。

 

生徒へ言うことは二つしかない

 

どちらのタイプの生徒にしろ、アドバイスするとすれば、

  • 自分で考えろ。
  • 親や教師に任せるな。

以上です。

 

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫)

 

映画 ビリギャル DVD スタンダード・エディション

広告を非表示にする