netuの日記

大学生の現役塾講師の日常を綴るブログです。

【ご報告】留年しました。

留年しました。4年生での留年は2回目です。

計算してみたら、2単位足りませんでした。

でも、成績表を見たとき、『原級(留年)』の文字を見たとき、そんなにショックを受けませんでした。

「あーやっぱりそうか。」みたいな、どこか他人事みたいに。「留年するかもなー」と思いながら試験受けてましたから。

 

僕は大学生のままで居たいんだと思う

 

『嫌われる勇気』で学んだ「目的論」から言えば、

思ったことは、結局「僕は大学生でいたい。」ということです。

結局僕は、テキトーに親のすねかじって生活して、だらだらネットしたり、本読んだり、マンガ読んだり、アニメ見たり、映画見たり、ブログ書いたり、たまにバイトしたり、服買ったりして、だらだら過ごしたいんだと思いました。そんな生活がそれなりに快適だから、そのままでいたい。現状を維持したいという人間の本能というか。

そんな生活を続けたいから、卒業しようとしない。

例えば、

  • 試験勉強しなきゃと思えない。
  • 授業は眠いからという理由で家で寝て行かない。
  • 病気になって引きこもって就職活動しない。
  • なんかすべてがどうでもいいやと思えてしまう。

そういうことだと思います。

 

頭ではわかっているつもりですよ。いつまでも両親が健康で生きていてくれるわけじゃない。一番負担になるのは両親だと。

でも、体が全力で社会人になることを拒否してる。深層心理では卒業したくない。働きたくない。社会人になるの怖い、みたいに思ってるのでしょう。

 

普通の人間なら、親に迷惑をかけれない。とか思って頑張って卒業するんでしょうけど、そんな気持ちがわかないんです。迷惑をかけているという実感がわかないんです。

留年して友達にバカにされたくない、みたいなクソみたいなプライドすらない。もはやどうでもいい。何か言われても、「あっそ」って受け流すんだと思います。

親に捨てられたとき、初めて実感するのでしょうね。たぶん僕みたいな人間は。

 

・・・

やべーよな。ちょっと危機感出てきた。明日学生課に行って土下座しよう。

たぶんダメだろうけど。ダメもとで。

 

仕事したくないのか、親から離れたくないのか

 

そんなこんなで僕は、

「社長になりたい」とか、「起業したい」、「お金持ちになりたい」とか、ほざきながらも、働きたくない。みたいな感じなんですかね。

それとも、「自立したい」と言葉では言いながらも、実は両親から離れたくないのかもしれません。

なんだかんだ、これまで実家で暮らすという選択を取ってきたのがその証。

 

  • 心配事があれば親に相談する。
  • 重要な決定は親に任せる。

 

それが、これまでの自分が採ってきた行動。

 

えらそーにこのブログにいろいろと書き連ねながらも、そういうところ、まだまだ子供ですね。

 

結論。実家から出ます。

 

以上のことから考えて、

どちらにしろ、とりあえず僕は親離れができていないと感じました。

まず僕の取るべき行動は、実家から離れること。

両親と距離をとって生活すること。

そうすれば、何か変わるかもしれません。

留年するにしろ、中退するにしろ、奇跡的に卒業できるにしろ、

どうにか手段を講じて実家から出ます。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

広告を非表示にする