読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

netuの日記

大学生の現役塾講師の日常を綴るブログです。

俺は実家から出ると決めた理由

仕事 俺の頭の中

今の生活。

はじめしゃちょーの動画見て爆笑して、

飽きたらちょっと外に出て散歩して、

自転車こいで、

公園で読書して、

駅前まで行って本屋にこもって本読んだり、

ブックオフ行ってマンガ読んだり、

まあ楽しくなくはないけど、

めちゃくちゃ楽しいわけじゃない。

それは、寝る暇を惜しむほどやりたいことじゃないから。

基本、朝起きて朝飯食ったら二度寝だから。

 

 

だから、今の環境から脱出する必要がある。

コンフォートゾーンから脱するっていうあれ。

 

リスクを取りたい。

初めての一人暮らしというリスク。

たぶん仕送りなんてない。

だって親にはまだ言ってないから。

すべてが決まって、その日になったら、

「今日から一人暮らしするから」って言う。そう決めてる。

 

なぜかって、どうせ「やめろ」って言われるからね。

なんとなく今までの俺の発言に対する、

親の反応から予想がついてるんだよ。

親に相談しても無駄って言うことがわかってる。

 

俺の取るリスクなんて大したことないかもだけど、

定期的に新しいことに挑戦しないとつまらない。

 

 

怖さよりも好奇心の方が強いし、

いまいち今の生活では刺激がないし

あと、何とかなるでしょっていう気持ちもある。

なんというか、覚悟を決めるべき。

俺はここでやっていく。

地方に住んでる人が東京で就職するみたいに、

俺は私はここでやっていくんだっていう覚悟が必要。

 

 

今日、北条かやさんのブログでこんな記事が出た。

 あと、知らない人だけど、共感したツイート。

 

 

これって、切実さや覚悟がない、というのももちろんあるし、

応援してもらいにくいって言うのもある。

 

それに、フリーになるに限らず、

起業するのだって、

実家から出るのだって、

本人にとってそれが今までにない挑戦だったらいいのだ。

 

実家暮らしだったら、

「ブログ書いてるけど、親に守ってもらってるのね、じゃあ私が助ける必要ないね。応援する必要ないね。だってうまくいかなくても大丈夫じゃん。」って思われる。

 

実家を出るのには、そういう理由もあるのだ。

 

応援してくれる人が必ずいる。

だから頑張る。

 

とりあえずインターン先でフルで働いて、

それでも足りないから(インターン先は一日4時間しか働けないのだ)

塾で働こうかなって思ってる。

 

インターンが14時から18時だから、

ほんとは午前中のバイトの方が良いんだけど、

やりたくない仕事しかないから無理。

塾ならば許容範囲。

広告を非表示にする